このサイトにはアダルト(成人向け)コンテンツが含まれています。
社会通念上、18歳未満の者が閲覧することがふさわしくないコンテンツです。
18歳未満の者が閲覧することは禁止されます。

個人ブログなので安全です。またリンクサイトも信頼できるものです。

You are about to enter an adult only area.
If you are under 18, you must leave immediately.

あなたは18歳以上ですか?
リンクフリー

         ライブチャット     
         Live chat      
    とりあえず無料でのぞいてみませんか?
    Wouldn't you like to look for now?

    武道家の体験談

    2018.02.24(16:28)
    僕の彼女は剣道女子です。

    彼女は小がく生の時、親の勧めで剣道を始めたのです。以来、中学・高校と剣道を続け東京の大学に入っても剣道を続けたのです。東京で就職してからも区の剣友会に所属し、剣道の修練を続けていたのです。彼女は剣道三段で中学・高校では全国大会・国体に、大学では全日本女子学生剣道優勝大会に出場する腕前でした。

    彼女は上背があり細身で引き締まった体形ですが筋力もあります。体格的に剣道に向いていたのかもしれません。彼女の身体は細身ですが女性らしさは有り余るほど有ります。性格は活発で勝気です。顔だちは剣道のせいではないでしょうが小顔で凛々しい顔つきです。

    僕も剣道を嗜んでいて大学で彼女と知り合いました。僕は彼女ほど剣道で成績を残していませんが、大学卒業後も彼女と同じ剣友会に所属しました。

    彼女の大学時代は男女問わず人気がありました。彼女との交際は大学時代にいつの間にか周りからか「彼氏」「彼女」と呼ばれるようになったのです。彼女の傍に一番居たのは僕でした。

    具体的に交際が始まった日が判りません。彼女は異性より剣道が一番のようです。なので彼女が僕の彼女と言い切れないところがあるのです。

    剣友会の練習は区の道場で行われています。区の道場はコンクリート造りで一階が柔道場、二階が剣道場になっています。ミーティングルーム・和室・更衣室・シャワールーム・給湯室となかなか設備の整った施設です。

    先日、暑中稽古が5日間ありました。地元の小中高校生の指導が目的です。僕と彼女は会社の休暇を合わせ稽古に通いで参加していました。柔道会も同時に暑中稽古を行っていました。

    暑中稽古は朝早くから行われ、昼前後の暑い時間を避け、夕方まで行われます。道場の窓を全開にして練習が行われますが、武具を着けて行われる剣道では大量の汗を掻くので、熱中症になる人もいました。

    剣道着・袴の内側は、僕を含め殆どの男性が冬でもノーパンです。たいがい剣道をする男性はノーパンです。女性でも少数派ですがノーブラ・ノーパンがいます。

    彼女は胸の揺れが気になるので基本、発汗性の良いスポーツブラ・ショーツだそうですが、たまに変え着が無いとか、開放感を感じるためノーブラ・ノーパンの時もあるそうです。

    稽古最終日は剣友会だけで練習を行うことになっていました。稽古終了後に飲み会が予定されているからです。稽古の最終日はその年の最高気温を記録した酷暑日でした。

    さすがに練習をしていた全ての人が暑さで気力が無くなり、午後の練習を30分程行い、和室へ引き上げて行きました。その日は東京都代表校が甲子園で試合をするのでテレビを見にいったのです。僕と彼女の二人だけ道場に残りました。

    僕達は武具を外し軽く足捌きと素振りの練習を向き合ってしていました。摺り足で彼女が前後左右に動くと剣道着の胸が大きく揺れるので、彼女は今、下着を着けていないのだと解りました。

    彼女の額に流れる汗、首筋から胸元へ流れる大粒の汗、揺れる胸、すごく魅惑的です。

    剣友会の一人が僕達を呼びに来ました。和室ではもう野球を見ながら生ビールを飲んでいるのだそうです。僕たちも合流して生ビールをいただきました。生ビールの美味しさが五臓六腑にしみていきました。生ビールのサーバーでは順番待ちの列ができるほどでした。

    和室には酒屋から生ビール、魚屋からつまみの盛り合わせが届いていました。柔道会も合同です。一次会を道場でおこない二次会は着替えてカラオケへ行くのが決まりでした。今回は練習を早く切り上げたので通常よりもスタート時間が早くなりました。

    暑さのせいと時間が早かったので生ビールを追加注文をしていました。もともと大酒のみが多いのです。今回は皆さん酒のまわりも早いようで赤ら顔で騒いでいました。彼女も赤い顔をしていました。

    日が暮れ二次会へ移動しはじめて和室の人が少なくなってきました。彼女が酔い覚ましに剣道場へ向かったので僕もついて行きました。道場は薄暗かったのでですが、明かりをつけずそのまま窓を開け涼もうとしましたが、風は無く逆に外気の暑い空気が流れ込み再び汗が噴き出るほどでした。

    そこへ柔道着姿の赤い顔の二人が道場の照明を点け入ってきました。目的は僕たちと同じで涼みに来たのでしょう。「暑いな」と言いながら窓際まで来ました。窓を開け「この後、どうするね?」と話していました。男達は僕達を見て、一人は女性だと気づいたみたいでした。

    「邪魔して悪いね」「恋人?」と僕達に話しかけたので「そうです」と適当に応対していたのですが、「柔道女子には可愛い子、いないんだよな」「剣道は良いよな」と僕達をからかいだしたのです。男達の額から汗が流れ落ちていました。

    僕達は酔っ払いだと無視していると、男達はエスカレートし言葉が乱暴になってきました、しまいには剣道は柔道より弱いと剣道を馬鹿にしはじめたのです。

    僕は道場の窓を閉め「出よ」と彼女の手をとり出口に向かおうとしました。

    彼女は剣道を馬鹿にされたことに腹を立てたみたいで男達を睨んでいました。暑くて汗が体を伝って流れ落ちるのが判るほど彼女の額からも汗が流れ落ちていました。

    暑さのいらだちもあったのでしょうか、彼女は突然「勝負してみますか?」と言ったのです。酔いもあったのでしょう。僕は彼女に「係わるな」と忠告したのですが、その弱気も気に入らなかったみたいで僕を睨み返してきました。

    男達が「身の程知らずが、痛い目にあって、泣くことになるぜ」とあざけ笑らったのです。それが彼女の怒りに油を注ぐことになり、激怒した彼女が道場に置いてあった竹刀を掴んできて男達に「勝負!」と切先を向けたのです。

    僕は彼女と男達の間に入り彼女に竹刀を収めるよう諫めましたが、彼女は竹刀を引こうとしません。彼女は竹刀を正眼に構えて微動だにしません。先ほどよりも一層、赤い顔をしていました。ここまで来たら彼女は竹刀を引かないでしょう。

    男達も知っているはずです。柔道は組み手を取らなければ勝負にならないこと。組み手を取る前に竹刀の餌食になり、面を打たれれば脳震盪を起こし、突きを受ければ悶絶することを、僕は男達が冷静になることを願いました。

    その時、階下から声が掛ったのです。剣友会の仲間でした。和室には誰もいないこと、僕たちが最後になるから戸締りをして帰ることを伝え、そして出て行ったのです。

    男達も窓を閉め「帰ろうぜ、元気なネイちゃんより、優しいおネイちゃんの所へ行こうぜ」と言って二三歩いたところで彼女が「逃げるの」と挑発したのです。

    窓が閉められ熱い空気が澱んだ中、重苦しい空気がより暑さを増して息苦しくなりイラ立ちが増しているみたいでした。

    僕は彼女に「早く、帰ろ」と声を掛け、男達に振り向いた時、男達の一人が不意に僕の襟首を掴み僕の足を払ったのです。僕の体は宙に浮き床に叩きつけられたのです。その上、男が倒れこむとき僕の鳩尾を肘で強打したのです。

    僕は気絶こそ免れたものの、不意打ちだったので背中・腰を強かに床に打ち付け、起き上がることもできません。まして鳩尾の肘鉄で息もできないほど苦しく、声すら出すことができませんでした。彼女は男達の無体な行動により怒りが頂点に達したのです。

    男達はすかさず彼女を前後から挟み込みました。さすがに剣道が有利でも前後から同時に攻撃されたら勝率は下がります。僕の戦線離脱で彼女は窮地に陥ったのです。暑さと苦しみで僕の全身から油汗が流れ落ちていました。

    それでも彼女は向きを変えながら男達と対峙したのです。男達も彼女の前後になるよう回っていました。彼女は半身に構え前後からくる攻撃に備えました。彼女も暑さと緊張で汗が流れ落ちていました。彼女を狙う男達の汗も床に流れ落ちてました。彼女の前面の男が行動を起こしました。

    彼女は前面の男を打ち据えたのです。前面の男は白目を剥いて倒れていきました。彼女はすかさず身を反転させ返す刀で竹刀を横に掃ったのです。

    彼女が前面の男に竹刀を打ち込むタイミングで背後の男が仕掛けていました。男は彼女の横に掃う竹刀の下をぎりぎりくぐり、彼女の足に双手刈が決まったのです。

    彼女が道場の床に尻を打ち付けました。男はすかさず彼女の背後に回り、彼女の胴に足を絡ませ右手で彼女の左襟を深く掴み送り襟絞めで彼女を絞め上げたのです。ですが彼女は竹刀の柄尻で背後の男の顔面を撃ったのです。

    しかし背後への攻撃には力が入りません。男の手は緩まず絞め上げを強めてきました。男がもがく彼女に「降参しろ」「土下座で謝れば許してやる」と言いました。彼女は竹刀から手を離し男の腕を引き剥がしにかかります。男は竹刀を蹴り遠ざけました。

    彼女はもがき抵抗していました。僕は少し動けるようなったので匍匐で彼女に近づいて行きました。男の体が少し左にずれ締め上げを強めていました。男は彼女を一気に絞め落とさずに彼女のもがくのを楽しんでいるみたいでした。

    男は絞めを少し緩め「頑固な女だな」「早く土下座しろ」「もう、逆転は無いぞ」と言いました。彼女は汗だくでまだ抵抗しました。僕は彼女の傍に着いた時、ふと(女性は子供を産むので苦しみに強い)とどうでもいいことを思い出していました。

    彼女はかすれた声で「絶対に嫌」と言ったので男が怒り「じゃ、落ちな」と言いながらぐっと絞め上げたのです。その拍子に彼女の剣道着の胸紐が千切れ剣道着が乱れたのです。

    男が「お・・ノーブラか」と呻いたのです。男は彼女の乳房を見ながら生唾を呑み込んだのが判りました。彼女の顔から汗と涙が男の柔道着に落ちていました。彼女は男の胸でぐったりと身動きしなくなりました。

    男は彼女の首に巻き付けた右手を残し、左手を彼女の剣道着の中へ滑り込ませ彼女の乳房を掴んだのです。恋人の僕でさえ触れたことのない乳房です。しかも僕の目の前で。僕は「やめろー」と叫んでいました。

    すぐに、彼女も意識を取り戻しました。初めはぼんやりしていたのですが、胸の異変に気づいたのです。「いやー、やめてー」と叫び始めました。しかし男はニヤケた顔で「詫びないから・・・お仕置きだ・・・揉み応えの良い乳だな」と言いながら彼女の乳房を強く掴んだのです。

    彼女は叫びながら男の上でもがいていましたが、男の足と腕で固定されいて思うように動けません。男は彼女の汗で濡れた乳房・乳首を弄り続けました。

    やっと男の左手が彼女の乳房から離れたのです。しかし男の左手は彼女の袴の脇あきに向かったのです。男の左手が彼女の袴の脇あきに入っていきました。

    彼女が「おねがい、やめてー、だめー」と悲鳴をあげ腰を捩じります。「お・・・ノーパンだ・・・陰毛は・・・柔らかく・・・薄い」男は彼女の大切な場所に触れたのです。

    男は彼女の耳、首筋を噛み舐めまわします。男の左手は彼女の大切な場所を触っているのです。彼女は顔を振って抵抗していました。彼女は眼を閉じ涙を流しながら「おねがい、さわらないでー」と叫んでいました。

    男は彼女の袴の脇あきから手を出すと、素早く体を回転させ彼女と体の位置を入れ替えたのです。彼女が仰向きにされ男が彼女の胴に馬乗りになりました。

    男は彼女の剣道着の襟を掴み大きく開いたのです。彼女の大きく白い乳房が男の目の前にすべて晒されたのです。「やめてー、みないでー」と彼女の叫びが聞こえました。

    男は彼女の剣道着を肩から下へずらしたのです。彼女の腕は剣道着で拘束され、手の自由を奪われました。男は笑いながら僕の目の前で彼女の汗で光る乳房にむしゃぶりついたのです。彼女の悲鳴がより大きくなりました。

    男は彼女の乳首を吸い乳房を揉んだのです。僕は怒りで頭が熱くなりました。僕は手を伸ばし男の柔道着を引きますが力が入りませんでした。

    男は「大きくて・・・固くて・・・美味しい胸だ・・・乳首が小さく・・・ピンクだ」「白いし・・・匂いもそそる」と言いながらい執拗に彼女の汗で光る胸をもてあそんでいました。

    男は腰を彼女の太腿にずらし彼女の袴帯に手を掛けました。彼女は「おねがい、やめて、ゆるして、どげざしますー」と哀願していました。男は「もう、遅い、意地になるからだ、お前の体にしっかりとお仕置きをしてやるからな」と言いながら彼女の袴紐を解き、袴を下げたのです。

    「みないでー、おねがい、やめてー」と彼女の叫びが道場に響きました。起き上がれない僕から彼女の形の良い白く汗で光る腰が見え、腰越しに彼女の陰毛が見えました。

    男の目の前に彼女の大切な場所が晒されたのです。僕は涙が出てきました。彼女も泣きながら叫んでいました。

    男は彼女の太腿の付け根に指を掛け開き、彼女の大切な場所を広げて眺めていました。「お・・・ピンク色だ・・・小さくて形がいいな・・・お・・・まだ幕が・・・切れてないのか?」と言いながら彼女の大事な場所を覗きこんだのです。

    「みないでー、やめてー、おねがい、さわらないでー」と彼女の叫びます。男は彼女の大切な場所を両指で弄り始めました。彼女は叫び続けています。体を捩じりこの状況から脱出しようともがいています。僕は体を起こすことができず彼女を助けることもできませんでした。

    男が「窮屈なマンコだな」と言ったのです。「おねがい、いれないでー、さわらないでー」と彼女が必死に叫んでいました。僕の目の前で彼女の中に男の指が入ったのです。

    彼女が顔を横に背けた時、彼女の目が少し開きました。彼女の額の汗と一緒に目から涙が流れ落ちるのを見ました。蹲っている僕の目と合いました。僕は彼女の目を直視することができず顔を背けてしまいました。

    男は両指を使い執拗に彼女の大切な場所を触りました。彼女は嗚咽をあげ泣いていました。男は素早く体を回転させ上四方固になり彼女に覆い被さりました。

    69の形です。男は彼女の袴を脱がせ足を無理やり広げ彼女の股間に顔を入れたのです。彼女の悲鳴が響きました。「やめてー、おねがい、やめてー、さわらないでー」と彼女が叫びました。

    男は舌を突き出して彼女の大切な場所を舐めているのが判りました。男は指と舌で彼女の大切な場所を執拗に攻めたのでした。

    彼女の上半身に男の体重が掛かり息苦しそうでした。彼女の顔は唇を噛みしめ眉間に皺を寄せて苦悶の表情でした。男は「いい匂いだ」と言いながら攻め続けました。

    彼女の大事な場所を吸う音が大きく聞こえてきました。彼女の中に入っている指が大きく動くと彼女の大切な場所から「クチャクチャ」と卑猥な大きな音が聞こえてきました。

    男に彼女の大切な場所を執拗に攻められて彼女の表情が少しづつ変わってきました。呻き声の中に時々、艶っぽく「あっ・・・」とか「うー」とかが混じり始めました。そのうち艶っぽい声が増えてきたのです。

    男は彼女の大切な場所を攻めながら柔道着を脱ぎ始めました。彼女も男の行動を理解し「やめてー、おねがい、ゆるしてー、たすけてー」と叫び抵抗を強めたのですが男から逃れることはできませんでした。

    彼女の顔の前に男のペニスが出現したのです。それは黒く大きな物でした。彼女は勃起した生のペニスを見るのは初めてかもしれません。彼女の背けた顔が引きつっています。赤ちゃんの腕程の物が彼女の頬にゴリゴリと押し付けられていました。

    男は舌と指で彼女の大切な場所を攻め続けました。男の汗が大量に彼女の体に落ち彼女の汗と混じって床を濡らしていきました。男が腕と足を使い巧みに男と彼女の体が回り始めました。

    ついに僕の目の前に彼女の足がきたのです。彼女の足の奥にある男の顔が僕に向けられました。彼女の大切な場所の上にある男の顔が僕をあざけ笑い、蔑んでいました。

    彼女の大事な場所は体液でひどく濡れ光り体液が流れていました。男が彼女の大切な場所を指で大きく広げました。僕が初めて見る、彼女の足の奥にある大切な場所は確かにピンクでした。それを男が黒い指で弄っているのです。悲しいことにこんな状況下でも僕のペニスは勃起していました。

    男の攻めは彼女の陰核亀頭を中心に大陰唇・小陰唇・膣前庭を攻め続けています。彼女の叫び声はもう聞こえません、押し殺した呻き声だけ出す。男は立ち上がり彼女を俯せに転がし回転させ彼女の剣道着の後ろ襟を掴み剣道着を脱がせ彼女の腰を引いて彼女を四つん這いにしたのです。

    膝をついて四つん這いになった彼女の顔が僕の目の前にありました。彼女の乳房が揺れていました。奥には彼女の陰毛が見えました。彼女は目を閉じ涙を流していました。男は彼女の背後から彼女の脹脛を足で押さえて覆いかぶさりました。

    男は左手で彼女の乳房を握り、右手で彼女の性器を摩り始めたのです。男のペニスは彼女の臀裂に沿って上下に動いていました。彼女と男の汗が混ざり彼女の乳房を伝い彼女の突き出た乳首から滴り落ちていました。

    男は背後の位置のまま彼女の上半身を引き起こしました。僕の目の前に彼女の裸がありました。想像以上の体でした。形の良い乳房があります。腰は細く締まっています。薄く狭い範囲で陰毛が生えています。

    男の黒い手が彼女の乳房をなぶっています。彼女の乳首が立っているのが判ります。に彼女の股間からは男のペニスが突き出ていました。

    男のペニスに様々な体液が絡みつき、体液がしたたり落ちていました。彼女の太ももにも様々な体液が混じったものが伝い流れ落ちていました。

    男はペニスを彼女の性器に沿って背後から前後に動かしていました。男が彼女の性器に沿って前後させる度、彼女の顔が引きつっていました。そのうち彼女の顔が苦悶の顔に変わったのです。「だめー、いれないでー、いやー」

    僕の目の前で、彼女の濡れ光った膣へ男の亀頭が埋没しているのがよく見えました。男のペニスと彼女の性器は様々な体液でずぶ濡れです。彼女の大陰唇・小陰唇が男の亀頭を呑み込んでいくように見えました。彼女の太ももに一筋の赤い筋が流れていきました。

    男のペニスが彼女の奥へと侵攻していきます。彼女の膣からヌプヌプと音が聞こえてきました。情けないことにこの状況で僕のペニスも最高状態でした。男の陰嚢がゆっくりと前後に揺れだしました。彼女の悲鳴がより一層大きく聞こえてきました。

    男は彼女の両腕を掴み後方へと引っ張りながら腰ををゆっくりと動かしていました。男のペニスは時には奥深く入り込みその動きはゆっくりとしたものでした。男のペニスが彼女の最奥へ到達した時は彼女は背を仰け反らせ「やめてー、だめー、おくをつかないでー」と絶叫していました。

    男は足の位置を変え彼女の奥へとつき始めました。彼女の膝は逃げるように前へと出ました。ついに彼女の膝が僕の目の前に来ました。僕の顔に上から体液が降ってきました。男と彼女の結合部分がよく見えました。

    男の腰の動きが速くなってきました。「だめー、やめてー、へんになるー」と彼女が叫んでいました。男のペニスが最奥で停止しました。
    関連記事
    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]



    この記事をリンクする?:


    コメント
    コメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:
    プロフィール

    サー

    Author:サー
    私のエロい体験談
    今更、聞けないエロい情報
    今、直ぐに見られるエロい動画
    が満載です

    最新記事

    カテゴリ
    面白動画
    リンク
    3Dプリンター


    テレビの大画面で
    DMMを楽しもう!
    テレビで脱がされた女たち

    3Dプリンター で作る 3Dプリント
    3Dプリント
    結婚式パーティーレンタル
    結婚式パーティーレンタル
    日本フットサルリーグ「Fリーグ.ch」 動画
    日本フットサルリーグ「Fリーグ.ch」
    シネマパラダイスch
    シネマパラダイスch
    男ノ頂 アダルトオンラインゲーム
    アダルトオンラインゲーム

    オンラインゲーム

    人気オンラインゲーム

    千年戦争アイギス オンラインゲーム